東京・大阪・名古屋・全国から宮崎へ移住、家を建てるなら、「ソーラーサーキットの家(外断熱と二重通気の二つの技術を組み合わせた工法)」で大震、省エネ、健康、快適、100年先まで継げる家造りお任せ下さい。
株式会社エスシーハウス宮崎〜ソーラーサーキットの家 TOP会社概要loop design office宮崎の物件情報Blog 
フリーダイヤル0120-009082
メールアドレス sc-top@sky.sannet.ne.jp

TOP | ソーラーサーキットとは? | 外断熱・二重通気工法夏・冬のしくみ | 専用部材 | ソーラーサーキットの家室温調査結果 | | 施工工程| 施主様の声イベント情報お問合せ

  そもそも断熱ってなに??
 断熱とは、熱が伝導や対流・更には放射によって伝わるのを防ぐことであり、それを実現するものが断熱材です。


家全体を基礎から屋根までの、外側を断熱材で隙間なくすっぽり包み込んでし
まう断熱工法です。

建物が、断熱材に包み込まれる為、躯体が外気の寒暖から守られると同時に、
建物に貯めえられた熱(または冷却した状態)を逃がさないようにするので、建
物の温度変化が小さくなり、室温が快適な環境に保てれるのです。
また、室内や、壁内の温度差が少ない為、躯体劣化の原因となる、結露が発生
しにくく、カビやダニの発生を防ぎ、家を長寿命化にします!

  柱の間に断熱材を入れる内断熱と比べ、隙間が生じにくく、外の熱気や寒気を遮断する能力にも優れています。

外断熱 内断熱
 
  躯体の外側に板状の断熱材で家全体をすっぽり覆っ
  てしまうやり方で、高い断熱性能を発揮します。

  建物の構造の外側で気密工事を行うために、高レベ
  ルな気密工事が可能です。

  床下も屋根裏も他の部屋と同じ温度、湿度を保つこと
  が可能で室内、壁の中、小屋裏、床下まで結露が発生
  しにくい。

  カビ・ダニの発生を防ぐ快適で健康な住環境が長く維
  持出来ます

  柱と柱との間を断熱材で埋めていくやり方です。

  壁、天井、床組の部分といった非断熱部分が必ずあ
  りグラスウールの完全断熱施工は非常に難しい。

  スイッチやコンセント部分に至るまでの完璧な施工は
  非常に困難な上、工事が不完全だと隙間が生じ結露
  の原因になる。

  壁体内結露によりカビの発生、カビを餌にするダニの
  発 生、それらが原因でアトピーやアレルギーの発生を
  招くおそれがある。

                                                                     ページ先頭へ


「二重通気」は、躯体を外装材、断熱材、内装材で三重に包み、それぞれの間に
インナーサーキット(内側)とアウターサーキット(外側)と呼ばれる二つの気流の
通り道(通気層)を設ける構造になっています。
この二つの通気層を流れる空気が余分な熱と湿気を排出して、さわやかな室内
環境をつくります。
この二重通気が、季節に応じて衣替えするように、通気層の通気口になる部分を
開閉する機能が備わっていますので、さらに、夏は躯体内の熱ごもりを防ぎ、冬は
保温効果を発揮するのです。
 
  ソーラーサーキットの家は、この二つの通気層が重要な働きを果たしてくれます。
  断熱材と室内壁の間(柱間)の、室内側の通気層を“インナーサーキット”と呼びます。
  断熱材と外装材の間の、常に外気と通じている通気層を、“アウターサーキット”と呼びます。
  この二つの通気層は、室内の環境を快適にしてくれるだけでなく、家の躯体の強度を守る、とても重要な働きをしてくれ
  ます。
インナーサーキット アウターサーキット
ダンパー 開く 閉じる 常時開く
効果 風を取り込み躯体の中から、さわやかに あたたかさを家全体に伝
える
太陽熱による熱気を外へ
排出
結露の原因となる湿気を外へ
働き 夏にはダンパーの開放により排熱・排湿及び冷気が通る為の経路として、冬は、閉めることによりに
より暖気の伝達経路となります。
一年中外気に対して、開放しており、排熱・排気を行います。

  では…
  @躯体内に二重の通気層を設けた外断熱と、A二重の通気層を設けていない単純な外断熱をくらべてみましょう!

ソーラーサーキットの家(外断熱+二重通気工法) 単純外断熱工法
 
 ソーラーサーキットでは、SC小屋裏ダンパー、SC床下ダ
 ンパーの開放によって、躯体内空間(インナーサーキット)
 内は、その温度に応じた、排熱・除湿をします。
 
 ソーラーサーキットの各部温度は単純外断熱よりも約3℃
 低く、床・壁・天井など周囲からの室内空間への輻射熱も
 それだけ少ないために、室内温度も緩和されます。従って
 躯体内通気をするソーラーサーキットは躯体内の余剰熱
 を軽減できるため、冷房負荷の軽減にもなります。


 単純外断熱は熱を逃がさず貯めこんでしまう為、躯体内
 空間の温度は室内よりも高く、室内空間に熱を供給する
 条件になっています。しかも空気の流出入口がないため
 に、温度上昇した空気は循環し、閉鎖型の特徴である暑
 い温度への均一化に向っていることを示しています。

                                                                     ページ先頭へ


 | ソーラーサーキットとは? | 外断熱・二重通気工法夏・冬のしくみ | 専用部材 | ソーラーサーキットの家室温調査結果 |
 | 施工工程| お客様のアンケートお客様からのお便りキャレシリーズ何が違う?今までの家とソーラーサーキットの家

 ホーム | ソーラーサーキットの家 | ソーラーハウス | WORK | イベント情報 | 不動産情報 | loop design office  | ドイツの家 | Blog
 お問合せ・資料請求 | 会社概要 | リフォーム | LINK |


since 2009 copyright by SCHM CO. all rights reserved.