株式会社エスシーハウス宮崎会社概要
SCHOUSEの不動産部
SCHOUSEのリフォーム部
宮崎の工務店エスシーハウス宮崎会社概要 エスシーハウスのリフォーム ブログ

 排気・冷風循環運転
  
夏の日中、屋根は高温になります。
図は、上昇気流の原理で温風が棟まで昇り、屋根の上で自然排気されている様子です。ダンパー板は、屋内側を閉じているので、屋根の排気熱は屋内には入りません。
さらに採熱板が高温の屋根の熱が区内側に進入するのを防ぎます。
 <そよ風>は、夏に暑くないソーラーシステムです。
大きな屋根では排気ファンを使い、強制排気を選びます。
図は、夏の日中に屋根の上では排気をしている時に、屋内では冷風循環運転がされている様子です。
夏の日中に、部屋のエアコンで冷房を、《そよ風》で循環運転を選ぶと涼風を家中に広げることができます。


涼風取入運転

夏の夜は金属屋根は冷たくなります。
これは放射冷却現象と言われるものです。
夏の朝 外の車の屋根にびっしりと露がついているのは、この放射冷却現象により金属製の車の屋根がまわりの空気よりはるかに冷たくなり、大きな温度差が生じて結露が発生したのです。<そよ風>は、夏の夜はこの現象を利用して、冷たくなった金属屋根の裏側の涼風を屋内に取り込みます。 採熱板のはたらきで、より涼しい風が得られます。
<そよ風>の家は夏の夜は冷たさの蓄熱をします。
朝になると、高原のさわやかさを感じることができます。 図はダンパー板が外気を塞ぎ、涼風を取り込み、床下蓄熱層に蓄冷している様子です。<そよ風>は、涼しさもつくるシステムです。
温風取入運転

冬の朝、日射があり棟温度が28℃以上になると、ダンパーが開き、取込みファンがまわり温風を取込み、同時に床下蓄熱層への蓄熱がはじまります。そして、家の隅々まで温風が行き渡ります。午後になり棟温度が25℃以下まで下がってくると、ファンの回転が止まりダンパー板は屋内側を閉じて、屋内または床下の熱が外に逃げるのをふせぎます。
採熱板は集熱温度を上げるはらたきを補います。

暖房循環運転

昼間、日射がなく寒いときや夜間に、ストーブを焚いて循環運転をさせると、ストーブの熱を家中に広げることができます。一部の床だけを暖める床暖房とは違います。温水ボイラー、エアコン等いずれの熱源でも機能します。